10代のニキビ治療

2015年11月13日 07:36

中学生女子の55%、高校生女子の65%がニキビに悩んでいるといわれています。
しかし、ニキビは治療可能な皮膚疾患ですし、20歳を過ぎると、だんだんニキビのできにくい肌へと変わっていき、10代のようなニキビのできかたをしなくなります。
大人になればなったでまた、別の原因でニキビができますが、10代のニキビは10代のうちにしっかり改善しておきましょう。
女子の場合、生理前にニキビが悪化するのは、思春期には、10代の男子同様に皮脂分泌が過剰になるからです。
排卵後には黄体ホルモンの分泌がさかんになり、皮脂腺を刺激して皮脂の分泌活動を活発化するのです。
そのため、生理2週間前からニキビができて、悪化しや すくなります。体の成長という点から見ると、卵胞がしっかり育ち、排卵されている証拠であり、大人の体になったことでもあります。
ニキビは早く治療し、悪化させないようにして、くりかえしつくらない肌質をつくることが大切です。ニキビのできる理由を理解して、ニキビの状態にあった適切な処置をしましょう。

「リプロスキン」でニキビ痕治療

 

戻る

お問い合わせ先

ykpiiv002y

© 2015 All rights reserved.| は無断で加工・転送する事を禁じます。

無料でホームページを作成しようWebnode