金運と節約

2015年07月08日 13:58

失業やリストラ、給料が上がらない一方で物価の値上がり、など厳しい経済状況や生活が続くこの時代。出費を出来るだけ抑えて、限られた収入の中で堅実に生活するとはとても大切なことです。
 しかし、できるだけお金を使わないようにするための節約術の一貫として、財布の中に、「その日使う分しか入れない」と、必要以外のお金を入れておかない人がいますが、これは、金運の観点からすれば改めた方が良いでしょう。
金運アップのためには、財布の中に入れておくお金は、原則として、財布本体の値段を下回ってはいけないとされています。外側の価格と、内側に入っているお金に差をつけるのは良くありません。
金運に恵まれるためには、目の前にあるお金のことだけを見るのではなく、金運アップという観点で物事を考えるようにしましょう。
 また、いくら節約のためといって、財布自体のお金まで節約するのも考えものです。安売りのワゴンに入った、少々ワケアリの格安財布に飛びつくのは問題です。
こと財布に関しては、極端に安い値段のものを持ってはいけません。豪華な財布なのに、中身は貧素な状態が良くないように、余りにも安い財布には、お金が居つかずに逃げて行ってしまいます。持っている状態にふさわしい経済状態に、自然となってしまうものだからです。
また、子供が使わなくなったからと言って、大人が子供用の財布を持ち歩くのもダメです。いい年をした大人が、キャラクタ-付きのカジュアルな財布を持つのは余りかっこ良いとは言えませんね。
いずれにしても、分不相応に豪華すぎず、かといって、ワゴンで売っている在庫一掃の財布と言った格安財布でもない、自分にふさわしい財布というものがあります。
極端な節約に走ることで、かえってお金から縁遠くなってしまうようなことは、止めましょう。
バック・財布の通販

戻る

お問い合わせ先

ykpiiv002y

© 2015 All rights reserved.| は無断で加工・転送する事を禁じます。

無料でホームページを作成しようWebnode