便秘に効果がある有酸素運動とマッサージ

2016年04月07日 09:34

血流が悪くなると、腹部の血行も低下することで便秘になりやすくなってしまいます。
このため、便秘解消には、食べ物で体の中の対策をするとともに、運動やマッサージを通じて外からの対策も大切なことです。
自然なお通じを目指すためには、酸素を体内に取り入れながら行う有酸素運動も効果があります。
ウオーキングやサイクリングなどで、腸の働きを活発にすることができるので、毎日の生活の中で無理なく取り入れることが出来ます。
有酸素運動は、全身の血流がよくなる効果の他に、自立神経が刺激され「気持ちいい」と感じる状態になります。この状態になることで、腸の働きも良くなるのです。
自分の気持ち良いペースで有酸素運動をすると、体もリラックスした状態になり(副交感神経が優位な状態)、腸の働きも良くなることで、便秘解消が期待できます。
また、 腹筋運動をすると、排便のときに必要な筋肉が鍛えられますし、腸も刺激され、便を出す力も高まります。有酸素運動や、腸を外から刺激するマッサージやツボ刺激も、便秘解消の助けになります。
特に、おなかマッサージは、直接腸に刺激を与えられるので、即効効果が期待できます。腸は、緊張すると動きが鈍くなるので、深呼吸しながらゆったりとした気持ちで、
リラックスした状態で行いましょう。入浴のときや入浴後の体が温まっているときに行うのも効果的です。

フジッコ「善玉菌のチカラ」

 

戻る

お問い合わせ先

ykpiiv002y

© 2015 All rights reserved.| は無断で加工・転送する事を禁じます。

無料でホームページを作成しようWebnode