ペットフードのパッケージ・ラベルの読み方

2016年03月31日 09:32

ペットフードのパッケージ・ラベルには「ペットフード安全法」で表示が義務付けられているものや、「ペットフード公正競争規約」によって定められている情報が数多く表示されております。
ペットの健康を維持するためにも、これら表示をしっかり確認し、ペットの種類、年齢、体型、体調に応じた最適のフードを選びましょう。
まず、ペットフードの名称ですが、これには商品名にプラスして、犬用か猫用かが表示されております。
賞味期限または製造年月日は、指定された保存条件で、未開封のままで保管した場合に、栄養価や風味が保証できる期間が記載されております。食べさせる量と保存期間との兼ね合いを考えて購入しましょう。
事業所名および住所・所在地には、会社の名称や住所、連絡先などが記載されております。
原産国名は、フードの最終加工が行われた国名が明記されております。
原材料名は、フードに使用されている添加物を含めた原材料名が、使用量の多い順に全て記載されています。
ペットフードの目的は、総合栄養食、一般食、間食など、与える目的が記載されております。主食として与えるものは、総合栄養食と表記されているものを選びます。
内容量は、製品の正味量をg、kg、ml、L、本数、個数、枚数のいずれかで表示されております。
給与方法は、1日に与える量や回数が記載されておりますが、これは、あくまでも目安なので、ペトの体調、体重、体型などに合わせて調節します。
成分は、フードに含まれている水分や主な栄養素(たんぱく質、脂肪等)の量が%で表示されています。
中には、重量当たりの代謝エネルギー(カロリー)も記載されていることも多いので、フードを切り替える場合は確認が必要です。
以前に与えていたフードと同じ量を与えていても、カロリーが違うこともありますので注意が必要です。

ペットフード「オリジン」

戻る

お問い合わせ先

ykpiiv002y

© 2015 All rights reserved.| は無断で加工・転送する事を禁じます。

無料でホームページを作成しようWebnode